Japanese/English
第64巻第6号目次
download PDF Full Text of PDF (372K)
Article in Japanese

─ 専門医のためのアレルギー学講座 ―第18回 免疫療法 ─

4. 小児の免疫療法

藤澤 隆夫
国立病院機構三重病院アレルギーセンター
小児は成人よりも免疫学的可塑性が高いと想定されるため,アレルゲン免疫療法が成人よりも高い有効性を示すだけでなく,かつ真に疾患を治癒に導くポテンシャルも高いと期待される.しかし,現在までの報告では,システマティックレビューにおいてもその臨床効果は成人と同等で,報告数が少ないためにかえって低めの効果とされることもある.しかし,アレルギー性鼻炎患者における喘息発症の予防,新規アレルゲン感作の予防についての有効性は報告が増えている.これらは小児期におけるアレルギーマーチの進展阻止の可能性を示すものであるが,研究対象は主に学童期以上であり,真にアレルギーマーチの予防またはより高い効果をもたらすためには,さらに早期,すなわち乳幼児期で介入する必要があるが,現行の方法では安全性と侵襲性の点から困難と言わざるを得ない.新しい「アレルギーワクチン」の開発が望まれる.
key words:allergen immunotherapy, allergy march, regulatory B cells, regulatory T cells, sensitization

アレルギー, 64 (6): 787-794, 2015

JSA 日本アレルギー学会 JAPANESE SOCIETY OF ALLERGOLOGY JAPANESE SOCIETY OF ALLERGOLOGY
Copyright © 日本アレルギー学会 All rights reserved.